'19 ローズノーブル18

2歳10月 ゲート試験合格!

投稿日:2020年10月23日

1+

2歳馬シュプールロイヤル(ローズノーブルの18)

9月25日に北海道から天栄に移動してきました。

20/10/7 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「先週に続いて今週も天栄でじっくりと動かしています。本格的な乗り込みを行っていくというよりは、心身ともに余裕をもたせてトレセンで調教できるような状況をつくっていくことが今のテーマになるので、場慣らしができた後の今週はトレッドミルを使ってじっくりと動かしてみています。馬体重は460キロです」(天栄担当者)
20/10/13 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「先週はトレッドミルをベースにじっくり動かしていましたが、今週は乗りも取り入れ並行して調整しています。そろそろ移動となるでしょうから、この調子で体調を整えていきたいですね」(天栄担当者)

[シュプールロイヤル] 2歳10月 ゲート試験合格! 1

キャロット公式より

トレセンへ移動のタイミングを見て天栄で乗り進められていましたが、先週15日に美浦・宗像厩舎に入厩しました。

20/10/15 宗像厩舎
15日に美浦トレセン・宗像義忠厩舎へ入厩しました。
「北海道から早めにNF天栄へ動かして気候の変動に対応できるようにじっくりと調整してもらっていました。その甲斐あって体調は悪くなさそうで、そろそろゲートを目的として入厩させても問題なさそうという話をもらうことができましたので、本日受け入れ態勢を整えて入厩させていただきました。寒くなったり、暖かくなったり、雨も降ったり止んだりとコロコロと気候が変わる不安定な状況が続いているので、こちらに入ってからも体調の変動に細心の注意を払いながら明日より動かしていきます」(宗像師)
20/10/22 宗像厩舎
21日、22日日はゲート練習中心のメニューを行いました。
「以前、牧場で見せてもらっていた時は、牡馬にしては華奢な体つきという印象が強かったのですが、焦らずじっくりと育成してもらえたこと、そして天栄で数週慣らしてもらってから入れたのも良かったようで、今週計測したら460キロ台の馬体重で、だいぶ男馬っぽくなったなと体を見ながら思っていたところでした。また、牧場では気ばかりが前に出てしまっているような様子でしたが、今は比較的落ち着いていて、普通に乗れているのはいいですね。最初の数日は慣らすようにじっくりと動かし、今週からゲート練習を始めています。出られるようにするために15-15くらいも織り交ぜてからゲートへ行ったところ、昨日よりも今日のほうが出られるようになっていましたので、進展がある状況ですよ。あまり詰め込むと良くはないので慎重に進めていきます」(宗像師)
20/10/23 宗像厩舎
23日にゲート試験を受けて見事合格しました。
「ゲートの状況は悪くなかったのですが、あまり詰め込むと気が入りすぎたり、体が堪えてしまったりするのではないかと思い、受験のタイミングは慎重に考えていました。昨日の時点では“来週くらいが妥当かな…”と思っていたものの、今朝の様子が悪くなさそうだったので、スタッフたちとも相談して今朝受けてみたところ、無事に合格をもらうことができましたよ。心身ともに過度な負担をかけることなく最初の課題をクリアできて良かったです。この後についてはまだ決めておらず、様子を見て決めようと思います。良くなってきているところなので無理は禁物と思っていますから、軽く動かしながら検討していきます」(宗像師)
キャロット公式より

ゲート試験合格に向けて、実質最初の更新となった昨日の感触がよさそうだったので今日あたりにはと期待していたとおりに、本日ゲート試験合格となりました。

この馬にとっては心身ともにゲート試験で負担が少なくクリアできたのは大きいですね。

宗像調教師のコメントにもありますが、春先は大丈夫かなと思うくらい華奢な印象でした。

ただそこからじっくりと進められたことによって馬体重を増やし、夏場からは安定して460キロ台をキープしているような報告。

我慢してきたことが功を奏したような現在の状況に加えて、父エピファネイアx母父ディープインパクトの産駒の3歳世代の傾向からすればまだまだ良くなっていくだろう配合の成長過程もあるので、この後については無理は禁物というのは大前提に様子をみて決められていきそうです。

早ければ来月中、遅くとも年内デビューは見えてきたかなと思いますので、デビューが楽しみなエピファネイア産駒、シュプールロイヤルです。

1+

- '19 ローズノーブル18

Copyright© さいぱんの一口馬主ブログ , 2020 All Rights Reserved.