レース出走 '19 ビアンカシェボン18

3歳8月 7戦目 札幌芝1500出走も6着

投稿日:2021年9月6日

0

3歳未勝利のフェアビアンカ

先週の札幌芝1500に出走しましたが掲示板あと一歩の6着でした。

21/8/28  札幌競馬場
28日の札幌競馬では五分のスタートを決め中団からじわっと前との差を詰めつつ進める。直線へ向くところで追い出しを待たされ外に進路を切り替えて追い出すが、ジリジリとした伸びに留まり6着まで。
「前走後、牧場でしっかりとケアしてもらっていたこともあり、心配していた脚元の状態はキープできました。どちらかというと背腰のほうがちょっと辛そうで、ケアしながら何とか出走の態勢を整えたという状況で、何とかいい結果を出してほしいと願う気持ちで送り出しました。結果はあと一つで掲示板というところで6着。勝負どころでスッと動けませんでしたが、瞬発力タイプではないだけにもう少し外目の枠からスムーズであれば…というのはありましたね…。来週の出走は厳しいと思われますが、念のためこの後の様子をよく確認したうえで相談させてください」(伊藤大師)
前走は暴走気味に飛ばして走ってしまったことから余力がなくなりましたので、放牧に出して心身のリセットを少しでも図ったうえで今回のレースへ向かいました。距離を短縮したこともあり、前走のようなことはなく、多少力みはあったかもしれませんが収まってまずまずの形でレースができていたと思いますが、追って切れるタイプではないだけに、動き出しを待たされる形になったのはかなり痛かったです。残念ながら優先出走権を逃し、来週の出走の見込みはかなり薄いと思われる状況ですが、週中の様子を見たうえで今後の方針について検討したいと考えています。
[フェアビアンカ] 3歳8月 7戦目 札幌芝1500出走も6着
キャロット公式より

6月の札幌芝1800で暴走させられて、函館開催を狙っていましたが左前脚の腫れもあって札幌開催になりました。

函館で使えませんでしたが、正直時計のかかる函館よりは、距離1500の条件のある札幌がいいと思っていたのでその条件に使えたのは良かったと思います。

ただレースでは3番枠のスタートで好発とは行かず、スローペースでスパッと動けずにキレ負けといった感じの6着。

すぐの引退発表とならず最終週の出走にかけましたが出走ならず。
引退となりました。

21/9/2  引退
1日、2日は軽めの調整を行いました。
「レース後、時間をかけて確認したところ、脚元に関しては変わりないように思えましたが、正直なところくたびれた感はありました。時間をいただきましたので、念のため想定で出馬状況を確認しましたが、さすがに未勝利戦への出走は叶わない状況で、わずかに可能性のありそうな1勝クラスのレースへ投票しましたが、厳しい結果となりました。今の状態と出馬状況を踏まえてクラブと相談した結果、ここで判断することになりました。今思えば、デビュー戦の2着からここまで来てしまい…。あと少しというところで勝利を逃し、その後は詰まってしまったり、天候に恵まれなかったり、そして、前々走の札幌では前半から勢いよく走りすぎるという内容で、最後まで噛み合わない状況が続いてしまいました。あのときにこうだったら…と悔やまれるところはありますが、修正できずにここまで来てしまい、誠に申し訳ございません」(伊藤大師)
脚元に多少弱さを抱えていたものの育成自体は順調に進み、2歳5月に美浦トレセンへ入厩することができました。約ひと月でゲート試験をクリアし、その後は走りの質の向上を図るべくNF天栄で乗り込みを重ね、8月には再入厩を果たし、9月の中山開催でデビューすることができました。直線で追われると一完歩ずつ差を詰めてきたもののわずかに届かず2着、そのまま折り返して2戦目へ向かいましたが、進路を確保できずに大敗を喫してしまいました。その後は切り替えて放牧を挟み、12月に3戦目へと向かいましたが3着と勝ち切れませんでした。4戦目、5戦目は道悪馬場に泣かされ、6戦目の札幌戦では前半から勢いよく行き過ぎたこともあって後半失速してしまったことを踏まえ、距離を短縮して臨んだ前走でしたが、残念ながら好成績を残すことができませんでした。優先出走権を外したもののチャンスを探るべく、念のためレース後の状態を確認するとともに未勝利戦最終週の状況を確認しましたが、残念ながら出走は叶いませんでした。これまでの戦績から思うところはあるものの、疲労感が残ることや背腰や脚元に弱さを抱えるが故にコンスタントに使っていけるか不透明なところもあるため、伊藤大士調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することとなりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。
キャロット公式より

結果的には1年前の中山芝2000での2着デビューからその条件から切り替えることができずにズルズルと1年来てしまって未勝利のままで引退になってしまった感じでしょうか。

あらためてレース選択は重要だと思いますし、良い判断ができなかったのは残念でした。

さすがにこの成績と血統面から即繁殖入りとは行かずにサラブレッドオークションに出ることになりそうですが、いずれ母として産駒を送り出してくれることを願っています。

0

- レース出走, '19 ビアンカシェボン18

Copyright© さいぱんの一口馬主ブログ , 2022 All Rights Reserved.