'19 ローズノーブル18

2歳9月 NF早来から天栄へ移動しました

投稿日:2020年9月30日

0

2歳新馬シュプールロイヤル(ローズノーブルの19)

6月から今週までの近況です。

20/6/15 NF早来
馬体重:458kg
現在は周回コースでのキャンター2700~3600mと放牧を中心に運動メニューを組み立てていますが、この中間からは週1日ながら坂路調教を開始しており、ハロン15~16秒のキャンターで登坂しています。馬体は確実に増加傾向にありますが、見た目にはまだ幼い印象も多分に残すため、今後は適度に乗り運動を取り入れる中でさらに筋肉を付けていきたいと考えています。
20/6/30 NF早来
この中間も周回コースでのキャンターと放牧を中心として運動メニューを組み立てており、週1日は坂路でハロン15~16秒のスピード調教を取り入れています。馬体は放牧開始時と比較すると30キロ以上増えており、ここ最近は450キロ台後半で落ち着いていますが、乗り込みを進めつつ体力を付けていくことでもうひと回り大きくしたいと考えています。まだ幼さが残るものの以前よりも坂路を力強く駆け上がれるようになっているので、引き続き成長曲線をしっかり見極めながら前進を図っていきます。
20/7/15 NF早来
馬体重:459kg
現在は週1~2日、坂路でハロン15秒のキャンター調整と放牧を行い、それ以外の日は周回コースでのキャンター2700mと放牧を取り入れています。馬体重は大きく変わらず、馬体の幅もさらに出てきて欲しいと感じていますが、トモの肉付きは少しずつ良くなり、力強さも出てきていることで動きには安定感が増してきました。一歩一歩確実に前進を図ることはできていますが、成長スピードは幾分ゆったりとしたものなので、もうしばらくジックリ乗り込むことで良化を促していきたいところです。
20/7/31 NF早来
この中間は心身のリフレッシュを促す目的で1週間程度の間、ウォーキングマシンでの調整や放牧のみを行っていました。現在は既に乗り運動を再開しており、週1本は坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を行っています。馬体は460キロ前後で推移しているように大幅な変動こそありませんが、内面から少しずつしっかりしてきているのか、動きのブレが少なくなり、良く見せる機会が増えてきました。今後も適度にスピード調教を取り入れることで鍛えていきたいと考えています。
20/8/14 NF早来
馬体重:462kg
気温が上昇するにつれて調教の疲れを見せやすくなっていますが、放牧で上手くリフレッシュを促すことができており、馬体を保ちながら調教に臨むことができています。現在は週2日、坂路でハロン14~15秒のキャンターを中心に乗り込むことができているように、一歩ずつではあるものの着実に調教負荷を高めることができています。今後も適度に乗り込んでいくことで内面からの成長を促し、秋の本州移動を目指していきたいと考えています。
20/8/31 NF早来
この中間は週2日、坂路でハロン14~15秒のキャンターを順調に消化していましたが、ここにきて右トモの歩様に幾分硬さを感じさせるようになってきました。強めの調教を織り交ぜてきたことで疲れが表面化してきたと考えられるので、まずはウォーキングマシンなどの軽めの運動で経過を観察していく予定です。
キャロット公式より

6月以降は負荷を高めつつ、リフレッシュを挟みつつで馬体重は460キロ台をキープ。
晩成傾向であることを踏まえてじっくりと北海道で乗り込まれてきました。

馬体写真は7月下旬に更新されたものですが

[シュプールロイヤル] 2歳9月 NF早来から天栄へ移動しました 1

相変わらず精悍さというか無駄の無さすぎる馬体(笑
もうちょっと肉付きがあったほうが安心するところですが。

9月に入って2歳未入厩馬の更新も1週おきになりました。
そして先週の9月25日に早来から天栄に向けて移動となりました。

20/9/10 NF早来
トレッドミルか周回コースで軽めのキャンター調整を行い、週2日は坂路でハロン16~18秒のキャンター調整を行っています。
「右トモに疲れが見え隠れしていたのでウォーキングマシンかトレッドミルなど軽めの調整に留めたタイミングはありますが、現在は問題なく乗り運動を再開できており、普通キャンター程度に乗っています。まだ本質的にしっかりしきれない面があって負荷が掛かりやすいのかもしれませんので無理はしませんが、可能な限り乗り込みつつ鍛えて内面から強さを引き出していきたいです」(早来担当者)
20/9/17 NF早来
トレッドミルか周回コースで軽めのキャンター調整を行い、週3日は坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を行っています。
「乗り運動を開始してからも状態は安定しており、この中間は週3日、坂路でハロン14~15秒程度のメニューを取り入れています。このまま反動が見られなければ徐々に本州移動を視野に入れていきたいです。馬体重は460キロです」(早来担当者)
20/9/23 NF早来
トレッドミルか周回コースで軽めのキャンター調整を行い、週3日は坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を行っています。
「坂路でコンスタントに速めの調教を取り入れていますが、脚元、体調ともに安定しており順調に乗り込みを進められています。今のところ、今月中にはNF天栄へ移動させるプランを検討しています」(早来担当者)
20/9/25 NF天栄
25日にNF天栄へ向けて移動しました。
「速めの調教を順調にこなせている状況を踏まえ、このタイミングで天栄へ移動させることになりました。現地で入厩に備えて最終調整を行ってもらう予定です」(早来担当者)
20/9/29 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「入厩に備えるため先週末にNF早来からこちらへ移動してきました。この後の移動日程はまだ決まっていない状況で、もしかしたら少しこちらで乗ることになるかもしれないと思ったので、場所に慣らすように軽く動かし出しています。体調自体は問題ないように思えるので、正式に予定が決まるまではじっくりと乗っていきます」(天栄担当者)
キャロット公式より

とりあえず天栄までの移動は無事にクリアして、この後はトレセン入厩のタイミングをうかがう状況ですね。

馬体の見た目の心配はありますが、エピファネイアxディープインパクトの傾向自体が晩成なのかというくらい3歳夏以降の活躍が目に付きます。

3歳夏以降にアリストテレスの1勝クラス、2勝クラスの2連勝。ベデザンジュビーマイオーシャンの未勝利、1勝クラスの連勝。
ムジカのローズS14番人気2着の激走。
2歳新馬でもオーソクレースグラティトゥーと新馬勝ちが出ていますし、エピファxディープの活躍ぶりが夏以降目立っています。

血統の話でいえば、母ローズノーブルの全弟シュヴァリエローズが6月新馬勝ち→新潟2歳Sを5着と2歳世代の中でもクラシック戦線で活躍しそうな感じ。

血統の組み合わせ、近親の活躍と血統の勢いを感じるだけにシュプールロイヤルも続けとばかりに期待しちゃいますね。

まずはトレセン入厩に備える形ですが、色々と上手く運べば年内デビューも見えてくるかなと思うので、この後もじっくりと順調に進めてもらいたいです。

 

0

- '19 ローズノーブル18

Copyright© さいぱんの一口馬主ブログ , 2020 All Rights Reserved.