さいぱんの一口馬主ブログ

キャロット&東サラで一口馬主やってます

'18 イルミナル

[イルミナル] 2歳7-8月 登坂時の手応えは良くなってきました。カイバ食いも良好

投稿日:2019年8月28日

キャロットの2歳馬・北海道組の月2回更新も8月の今日の更新が最後。
来週からは毎週更新になります。

そのキャロット北海道組の頭数は10数頭。
出資馬4頭中2頭が含まれています・・(笑

まずはロードカナロア産駒のイルミナル(クルミナルの17)の2ヶ月分の近況です。

一口出資額75,000円
ロードカナロア
クルミナル
母父ディープインパクト
性別
毛色鹿毛
誕生日2017.03.31
入厩予定美浦 奥村武
育成牧場ノーザンファーム空港 C-3厩舎
募集時測尺馬体重:404kg
体高:146.5cm 胸囲:166.5cm 管囲:19.0cm
19/7/16  NF空港
馬体重:445kg
現在は周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~16秒のキャンターで2本登坂しています。ハロンペースを15秒台まで上げていますが難なく適応できており、登坂時の動きは変わらず軽快です。体付きが変わってきた印象こそありませんが、速めを取り入れても馬体減りはなく、良い状態で推移していると言えそうです。
19/7/31  NF空港
現在は周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~16秒のキャンターで2本登坂しています。前向きさのある真面目な性格ではあるものの、調教中に気難しい面を見せることがあるので、注意しながら日々のメニューを進めています。カイバ食いは安定しており、毛ツヤや張りも良好なので、今後も状態を見つつ15-15ペースを継続していければと考えています。
19/8/15  NF空港
馬体重:452kg
現在は周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン14~16秒のキャンターで2本登坂しています。走行時のフォームが伸び気味になることがありましたが、ここ最近はバランスの取れた走りが可能になってきました。速めのペースを取り入れていることで、多少ピリピリしたところはありますが、度を越したものではなく、進めていくにあたって問題はないと見ています。
19/8/28  NF空港
現在は周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン14~16秒のキャンターで2本登坂しています。継続的に速めのペースで負荷をかけていますが堪えることはなく、むしろ登坂時の手応えは良くなってきましたカイバ食いは良好で、体調面に不安はないので、心身の状態を見ながらにはなりますが、更なる良化を促していきたいところです。
キャロット公式より

募集時からの馬体重推移
404 → 415 → 412 → 418 → 399 → 411 → 435 → 445 → 454 → 436 → 444 → 432
→ 445 → 452キロ (7キロ増)

2歳7月

2歳8月

15秒から14秒と、速めのペースで負荷が上がっていますが、馬体重が増えてきているのはよいですね。

  • 2歳6月

母はこの時期にすでに498キロまで馬体を増やしていましたから同じような馬体増加とはいかないまでも、1年前の募集時の印象からすればだいぶしっかりしてきました。

精神面でピリピリしすぎず、カイバ食いが良好というのがいいですね。

また、今日更新された8月の写真では前、後ろと蹄鉄を履いています。
そろそろ移動という話が聞こえてきそうです。

精神面に関するコメントからも、母よりはまだいいところで収まっているように思うので、移動後のゲート試験もスムーズに行きそうな印象。

この体なので、仕上がりは早そうですし、トントントンと進んで、10月下旬の新潟あたりでなんとかならないかなと思っていますが~小柄な牝馬ということでキャロットで同厩の奥村武厩舎の先輩牝馬リカビトスのイメージで。

でもリカビトスは8月に函館でゲート試験合格、9月中旬に美浦に帰厩という感じでした。
さすがにこの後よほど順調にいかないと時間的に厳しいですね。

今ちょうどキャロットの募集馬検討期間なので、過去のキャロット馬で調べてみたら9月入厩~10月デビューも17頭います。
9月入厩~11月デビューなら14頭。出資馬チャームクォークはこの流れでした。

まぁまずは本州移動の時期がいつになるか。
9月中には動きがあるかなと思うので、引き続き順調にいってくれればです。

 

0

- '18 イルミナル

Copyright© さいぱんの一口馬主ブログ , 2019 All Rights Reserved.