さいぱんの一口馬主ブログ

キャロット&東サラで一口馬主やってます

'17 キアレッツァ

[キアレッツァ] 3歳5月 うまく態勢を整えられれば6月中の出走を目指して

投稿日:2019年5月20日

3歳馬キアレッツァです。

5戦目の中山ダート1200未勝利戦で5着。
その後、いつも通り天栄に放牧に出ています。

18/4/17 NF天栄
16日にNF天栄へ放牧に出ました。
「先週の競馬では芝の時よりもいくらか格好のつく走りを見せてくれたので、そう言う点ではちょっとホッとしました。ただ、レースへ向かうまでの過程で状態面に不安を感じさせましたし、楽観的になることはできませんでした。実際のところ使ったなりに背中に少し疲れを感じますが、想定の範囲内ではあったかなと言う気もしています。優先出走の権利を獲ってくれたので理想は権利内で次走へ向かうことですが、背中が苦しい中でこのまま乗って調整をしていくと負担が増してしまいます。それならば人が跨らない形で適度な負荷をかけられるトレッドミルがある天栄で調整をしたほうがいいのではないかと考えて、さっそくではありましたが火曜日に天栄へ放牧に出させていただきました。時間が経って疲れが顕著なものになれば無理はできませんが、慎重に見極めてもらって行けそうと思えれば短期放牧で戻す考えです」(萩原師)
18/4/23 NF天栄
軽めの調整を行っています。
「前走で得られた優先出走権を行使できるかどうかは今後の状態次第ということになりますが、帰ってきた様子を見ると若干疲れがあるようには見えます。右の背腰を中心にケアを施したほうが良さそうと思えるのでさっそく治療をしていて、調整は軽めにして回復具合を見ています。行けそうであれば乗り出して今後の可能性を探っていきます」(天栄担当者)
19/5/1 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「右の背腰を中心に思ったより疲れがある状況で、回復に時間を要しているので、調教師と相談した結果、権利内での出走は見送ることになりました。ただ、乗れていないわけではなく、じわっと14-14くらいは行えています。これからは乗り込みと馬体のケアを並行しながら進めていき、6~7月頃の出走を目指していきたいと考えています」(天栄担当者)
19/5/7 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「優先出走の権利が行使できる期間内での出走は見送りましたが、何か問題があって言う訳ではなく、調整自体は問題なく行えています。変わらず動かせているので、このまま進めてうまく態勢を整えられれば6月中の出走を目指していきたいです。馬体重は430キロです」(天栄担当者)
19/5/14 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「大きな問題を抱えているわけではないですし、調整自体もじっくり進めていることでトラブルなく来ています。この後の状況を見ながら萩原調教師と移動時期の相談をしていこうと思っています」(天栄担当者)
キャロット公式より

5着で優先出走権を確保していたので、期間内の競馬に向かうかというところでしたが、若干疲れもあるということでこれを見送って天栄調整中です。

レースの後は回復に時間を要しましたが、順調に立ち上げられて6月の競馬を考えられる状態になってきたようです。

6月ならば東京。
前走5着の流れを継続していくならば次もダートでしょうね。

9日にダート130016日にダート1400の牝馬限定戦があります。

前走、それ以前の競馬ぶりを見る限り1200はやはり忙しい印象。
1300くらいならちょうどいいんじゃないかと思うんですが、9日なら今週末くらいには帰厩してこないとですかね。

前走の着順上位馬は次走で2着、3着、4着と安定して上位争いをしていますし、未勝利期間も短くなってきましたがキアレッツァも勝ち上がれるチャンスはあるはずです。

0

-'17 キアレッツァ

Copyright© さいぱんの一口馬主ブログ , 2019 All Rights Reserved.