さいぱんの一口馬主ブログ

キャロット&東サラで一口馬主やってます。ブログの写真を無断使用するのはやめてくださいね‥

'16 エンジェルウィング

[エンジェルウィング] 3歳10月 引退~7戦1勝

投稿日:2018年10月11日

0

先週の競馬を予定していた3歳馬エンジェルウィングでしたが、重度の屈腱炎を発症して引退となってしまいました。

18/10/3  牧田厩舎
3日は軽めの調整を行いました。
「月曜の競馬を予定しているので、今朝は軽めの調整で追い切りに備えたのですが、ちょっと歩様がスムーズではない感じがしました。今のところは痛みはないのですが、明日朝の状態をよく確認して、調教プランなど改めて考えたいと思います」(牧田師)
18/10/4  引退
「引き続き、慎重に脚元の様子を確認していたのですが、目立った痛みこそないものの1日経ってもややスムーズさを欠く歩様で、腫れや熱感が見られるようになりました。そこでトレセン内の診療所で改めて検査を行ったところ、残念ながら左前脚に重度の屈腱炎を発症していることが判明しました。先週までは順調に追い切りを消化できていましたし、脚元の不安はまったく感じられなかったのですが、もしかすると知らず知らずのうちに疲れが蓄積していたのかもしれません。休ませたことで以前と比べても成長を感じていましたし、能力自体はこのクラスでも十分通用すると思っていたのですが…。レース目前で急にこのようなことになってしまい、会員の皆様には本当に申し訳なく思っております」(牧田師)
函館で発症した結膜炎については点眼等で適宜必要な治療とケアを行い、ここまでは再発することなく順調に調整が進められていました。心身共にフレッシュな状態で北海道から戻ってきてくれ、秋初戦での巻き返しに期待していたところだったのですが、残念ながら左前脚に屈腱炎を発症していることが判明しました。程度からして、これから治療していくとなると長い日数を要すことになりますし、仮に良化したとしても屈腱炎は再発の可能性が非常に高く、また別の大きな怪我や事故にも繋がりかねません。以上のことから牧田和弥調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することとなりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りたくお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。
キャロット公式より

先週の話ですが、10月8日の競馬を予定していて、先週の全休明けの水曜日。
坂路で時計が出ていなくて、かつ坂路に入ったことも確認できなかったので、木曜本追い切りかなと思っていたところの3日に「歩様がスムーズではない」という更新がありおやおや・・。

調教プランなどを考えたいとあった翌日の午前中。
栗東の坂路時計が取得できる時間に確認するもエンジェルウィングの時計はなし。
これは競馬もスキップかな~とキャロット公式を見たら「引退」の文字が飛び込んできました。

原因は「左前脚の重度の屈腱炎」を発症したとのこと。
これで屈腱炎による引退は3頭目になりました・・。

エンジェルウィングは募集時から100キロ以上馬体重を増やし、その馬格は頼もしいなと思う半面、やはり脚元の心配は常々ありました。
2歳3月に空港牧場で「膝に負担がかかりやすい」とコメントがあり、6月には調教中に右前球節を捻挫してデビューが遅れるということもありました。

特に自分が気にしていたのは「膝に負担がかかりやすい」というコメントで、直近の写真でもやはり右前が大丈夫なのかなと気にしていました。
屈腱炎を発症したのは左前ということなので、その肢勢から来るもの、当然馬体重からも、ということなのかなと思います。

不意の引退ということで残念ではありますが、なにか事故に繋がらずに判明して本当に良かったです。

1歳12月に満口になった馬でしたが、どんどん増える馬体重と仕上がりの早さで遅れたとはいえ2歳9月にデビュー。
1戦ごとに内容が良化して2歳12月の4戦目で未勝利勝ち。

年が明けてまだまだ良くなると思えましたし、昇級初戦はおそらくこれからのダート戦線で活躍していくであろう牡馬を相手に4着。

その後2戦は10着、15着と奮わず、精神面からくるものが敗因ということになっていましたが、もしかすると徐々に脚元にダメージが蓄積されていたのかもしれません。わかりませんが。

募集価格は安かったですが、十分わくわくさせてくれた馬でした。

引退後は繁殖牝馬となりますが、ノーザンファームから別の環境でということになりそうです。
本日のサラブレッドオークションに出品されて落札者が決定。

アワーブラッドとして産駒がキャロットで募集されるのは難しいかもしれませんが、繁殖牝馬になれたならば可能性はゼロではないはず。
それでなくても、エンジェルウィングの仔が競走馬としてデビューするとなれば、もうこれが競馬のいいところですね(笑

競走馬としてお疲れ様でしたという気持ちと、繁殖牝馬としてのエンジェルウィングをこれからも見守っていきたいと思います。

0
コメントを書く
さいぱんの一口馬主は、ブログランキングに参加しています
  • この記事を書いた人
さいぱん

さいぱん

キャロットで一口馬主をやっています(7世代目) 好きな馬はサイレンススズカ。 ・前年最優先当選 ・遅延歴なし シェドゥーヴルはあのYoshidaの弟です!

-'16 エンジェルウィング

Copyright© さいぱんの一口馬主ブログ , 2018 All Rights Reserved.