さいぱんの一口馬主ブログ

キャロット&東サラで一口馬主やってます。今年はSⅠ&GⅡ勝利

’19 リリサイド18

[リリサイドの18] 1歳12月 トモを中心に馬体が立派になるなど、確実にパワーアップしています

投稿日:2019年12月30日

リリサイドの18(父ハーツクライ)の3ヶ月分の近況です。

一口出資額250,000円
ハーツクライ
リリサイド
母父American Post
性別
毛色鹿毛
誕生日2018.01.17
入厩予定栗東 矢作芳人
育成牧場ノーザンファーム早来 木村厩舎
募集時測尺馬体重:435kg
体高:153.0cm 胸囲:174.0cm 管囲:20.0cm

 

19/10/31 NF早来
馬体重:459kg
トレッドミルでのキャンターやロンギ場での騎乗馴致をスムーズにこなせていたことから、10月下旬より周回コースや坂路での調教を開始しています。まだハッキングや軽めのキャンター程度の内容ながら、後肢を力強く踏み込む、しっかりとした脚捌きを見せています。ひとたび走り出してしまえば問題ないものの、まだ子供っぽく我の強さを見せることがあるので、心身のバランスを見ながら慎重に進めていきます。
19/11/29 NF早来
馬体重:456kg
現在は週3日坂路でハロン17~18秒のキャンターを行い、残りの日は周回コースでのハッキング調整を取り入れています。脚元、体調面が安定していることから坂路調教を中心に進めており、以前にも増してトモを中心に馬体が立派になるなど、確実にパワーアップしています。その一方で、現状我慢はできているものの気持ちが入りやすい面があるため、必要以上にテンションが上がらないよう精神面には特に気を付けて調教を進めていきたいと考えています。
19/12/18 NF早来
17日のウォーキングマシン運動中に左飛節に外傷を負ったため縫合処置を施しており、傷口の状態が落ち着くまではしばらく運動を控えることになります。今後は獣医師のチェックで問題ないとの診断が出てから運動を開始する予定です。
19/12/26 NF早来
馬体重:443kg
現在は舎飼で休養し、先日外傷を負った左飛節の経過観察を行っています。今のところ体調面を含めて変わった様子はないので、タイミングを見て抜糸を行い、曳き運動から開始する予定です。
キャロット公式より

最新の近況だと、ウォーキングマシン中に「左飛節に外傷」を負ってしまい縫合処置が施されました。

これは憶測ですが、「子供っぽく我の強さを見せることがある」とか「気持ちが入りやすい面がある」といったところで・・暴れちゃったのかな?と思いますね(笑

まぁ精神面のこともありますし、馬体重も増えて減ってと最新で443キロということで、少し運動を控えることがプラスになっていけばいいのかなと。

1歳10月

1歳11月

1歳12月

「以前にも増してトモを中心に馬体が立派になる」といった馬体の成長も見られるようですし、募集時に比べるとかなりパワフルになってきたように見えます。

ちなみに全姉リスグラシューの1歳12月(馬体重467キロ)

トモや厚み、幅を比べると弟はまだまだかなと見えますが、全体的なシルエットは結構似ているとことがあるんじゃないかなと思いますね。

というか、リスグラシューの秋2戦パフォーマンスが凄すぎて、弟を25万円で出資できたのはむしろ安かったんじゃないかと思えるくらい。

特に有馬記念のパフォーマンスは圧巻で、レーティングでも国内GⅠ最高値(牡馬換算130ポンド)を叩き出してしまいました。

有馬記念を最後に無事に引退をした全姉に変わって、この全弟に対する陣営の期待も相当に上がっていると思いますし、どのような競走成績をおさめることができるのか本当に楽しみすぎますね。

まずは曳き運動からの再開を待ってですが、まだ夏のデビューの可能性もなくはないと思いますし、姉のように夏デビューから2歳戦からの活躍も期待したいですね。

ちなみに1月7日応募締切の馬名ですが、これは全姉を踏襲するほかないだろうと。
少し調べたらこれしかない、出資者400人いたら100人くらいはこれに辿り着くだろう的なワードがあったのでそれで申し込みしました。

まぁ馬名に関してはトリッキーな馬名にならなければそれでいいです(笑

0

- ’19 リリサイド18

Copyright© さいぱんの一口馬主ブログ , 2020 All Rights Reserved.