さいぱんの一口馬主ブログ

キャロット&東サラで一口馬主やってます。今年はSⅠ&GⅡ勝利

'18 イルミナル

[イルミナル] 2歳10月 ゲート試験を受けて無事に合格をもらうことができました

投稿日:2019年10月30日

2歳馬のロードカナロア産駒イルミナル

10月3日に美浦・奥村武厩舎へ入厩しました。
ゲート試験に向けて取り組んでいましたが本日無事に合格となりました。

19/10/3 奥村武厩舎
3日に美浦トレセン・奥村武厩舎へ入厩しました。
「夏場に入れようかという話が一度あがったことがありますが、その後馬体のバランスがいくらか崩れてきたので、慌てないでもうしばらく様子を見てからになりました。馬体が前後に伸びた感があるだけにもう少し全体的にバランスが整ってくれたらいいなと思うものの、ここ最近の調整は問題なく行えているということでしたので、それならば一度ゲート試験まででもいいから進めてみようということになり、このタイミングで連れてくることになりました。初めてのことで堪える可能性もあり得ると思うので慎重に対応していくつもりですが、できる限り負担を少なくしたいので早めに合格できるように持っていきたいと思っています」(奥村武師)
19/10/9 奥村武厩舎
9日はゲート練習中心のメニューを行いました。
「先週入ってきて、まずは環境に慣らすようにじっくり動かし、その後徐々にゲート練習を始めています。本格的な練習は週中に限られるので、それ以外の日は馬場の外に置いてあるゲートを使って入りや駐立の練習をしています。実際のところ、扉が開いている状況であればそこまで問題はなさそうですが、前扉が閉まっている状態だと緊張するのか躊躇してなかなかスムーズにはいきません。お母さんも難しいところがあったと聞いていますし、この血統であることを考えると急かすことは避けたほうがいいだろうと思えます。その日その日の精神状態をよく確認しながら徐々に練習を進め、試験合格につなげていきたいと考えています」(奥村武師)
キャロット公式より

夏場にも移動の話があったようですが、馬体のバランスが崩れたため見送ったということがあったみたいですね。
そう言われて6月から8月くらいの馬体を見ると、横に伸びたように見えますね。

まずはゲート試験合格までということでこのタイミングで入厩。

お母さんも難しいところがあった

とはまさにそのとおりで、母クルミナルは2歳9月3日に入厩したものの気難しい面が出てきたことを考慮してゲート試験を受けずに2週間後に放牧に出ていました。

この血統、というのはそういうことですが、そうは言ってもすんなりと合格までは行ってほしいなと希望的観測は持っていましたが、

19/10/16 奥村武厩舎
16日はゲート練習中心のメニューを行いました。
「ゲート練習を継続して行っていますが、心身のバランスがまだひと息ですね…。気持ちの面であまり追い詰めないようにしたいけれど、スッと出られず、ある程度プッシュする必要があります。出さなければと押せば苦しくなって嫌気をさしかねませんし、入りでもやや躊躇するので攻めすぎるわけにもいかないでしょう。動けるように体を温めていけばいくらか出ることはありますが、これで次は大丈夫だろうと思っているとリセットされていたりしていてアテにならないところがあり、一進一退が続いている状況です。どこかで踏み込まなければいけないのですが、肉体的にも追い込みすぎると良くなさそうに思えるので、急かさず上がってくるのを待つしかないかな…というのが現状です。歯がゆい状況ですが、急かしてより苦しくさせるのは避けたいので、時間をかけて慎重に進めていきます」(奥村武師)
19/10/23 奥村武厩舎
23日はゲート練習中心のメニューを行いました。
「短期間で改善されるものではありませんが、少しずつ拒否する感じは薄れてきているのかな…という印象を持っています。ただし、心身ともにまだこれからという状況であるのは否めませんから、自信を持っていついつ試験を受けますとは言いにくいですね。行けるものなら早くにパスさせて今後につなげるようにしたいので、明日か明後日の受験を考える可能性もゼロではないのですが、その日その日の様子を見ながら柔軟に判断させていただければと思っています」(奥村武師)
19/10/30 奥村武厩舎
30日にゲート試験を受けて見事合格しました。
「当初は先週の金曜日に試験を受けてみようと考えていたのですが、まるで台風のような酷い大雨だったので、無理をせず見送りました。週明けの様子は悪くなさそうだったので、今朝受けることにしたんです。正直に言うとあまり自信はなかったのですが、結果から言うと無事に合格をもらうことができました。実際のところ、トモがまだしっかりとしておらず、力強く踏み込めないことで頭が上がり、のけ反り気味なフォームになってしまいます。1本目だけでなく2本目もそうなのですが、ほかの部分での行儀が良かったとみなされたのでしょう。おまけなのは確かだと思いますが、合格をもらえて本当にホッとしました。ギリギリのところで何とかパスできたような状況なので、この後は無理をせずいったん放牧に出したいと考えています」(奥村武師)
キャロット公式より

入厩から4週間、がっつり時間がかかっての合格でした(笑

まぁ厩舎の方で根気よくやってもらったという感じで、イルミナルもよく頑張ってくれたと思います。

母は11月の再入厩からさらに1ヶ月かかってようやくゲート試験合格だったことを思えば、上々の滑り出しと言えるんじゃないでしょうか。

この後はいったん放牧に出すことになるということで、リフレッシュ、馬体の成長、トモを鍛えるという意味でもデビューは早くても年明けのイメージ?

確か、来年から3歳新馬戦がなくなるということだった気がするので、年末デビューを目指す~と言っても中山はどうなのか?
ということなら現実的には2月東京あたりになるでしょうか。

ここまで大事に進められてきたので、万全な状態でデビューを迎えてくれたらと思います。

0

- '18 イルミナル

Copyright© さいぱんの一口馬主ブログ , 2019 All Rights Reserved.