さいぱんの一口馬主ブログ

キャロット&東サラで一口馬主やってます

2019年度募集馬

[出資検討] キャロット2019年度募集馬の感想 No.61~71

投稿日:2019年9月8日

キャロット1歳募集馬感想(2019年・2018年・2017年)

関西馬の続き

61. シンハライトの18 (メス) 青鹿

父:モーリス 母父:ディープインパクト
2018年1月21日生
募集価格:10,000万円 一口(1/400):25.0万円
厩舎:栗東・石坂正

シンハライトの初仔ですが、とんでもなくでかいですね。
管囲23.4というのは、出資馬アランブレラを上回るキャロット募集馬(過去8年)で最高の数字です。

大きすぎるのも嬉しくないという数字かもしれませんが、モーリスがあまり評価されてなさそうなところですかね?

スケール感があって、動きもいいと思いますが、
馬体の見た目から脚元の不安は感じませんが、この母系なのでこの大きさで脚元との兼ね合いも心配になってきますね。

 

62. スパニッシュクイーンの18 (牡)

父:モーリス 母父:Tribal Rule
2018年1月24日生
募集価格:4,000万円 一口(1/400):10.0万円
厩舎:栗東・橋口慎

母がアメリカンオークス勝ちを含む5戦3勝。
追分生産・育成馬でキャロットでは人気はでなさそうですが、母の実績からするとありかなと思いますね。

馬体のフレームからすると馬体重が伴っていない、あたりがキャロットに回ってきた理由かな?

馬体の見た目はバランスもよく、脚もまっすぐでいいなと思いますが、
動きは硬いですかね。

 

63. シーザリオの18 (牡) 鹿

父:モーリス 母父:スペシャルウィーク
2018年4月28日生
募集価格:12,000万円 一口(1/400):30.0万円
厩舎:栗東・友道

ツアーの写真をパラパラ~っと見てて、どの馬かわからずに顔のアップを見た時に「ん、この馬エピファネイアぽい顔だな」と思ったらこの半弟でした。
流星が似てますよね。

リオンディーズやサートゥルナーリアは募集時から圧倒的なスケール感を感じましたが、この馬も遅生まれであることを考えれば同等のものを感じさせますね。

モーリス産駒で評価が分かれそうなところですが、個人的にはケチをつけるようなところはないかなと思います。

 

64. リラヴァティの18 (メス) 鹿

父:モーリス 母父:ゼンノロブロイ
2018年2月6日生
募集価格:3,200万円 一口(1/400):8.0万円
厩舎:栗東・奥村豊

シンハリーズ産駒の母リラヴァティの初仔。

初仔牝馬という感じで小柄に出ましたかね。
この牝系をアワブラで持てたらとも思いますよね。

この母系だからということでもないですが、馬体の見た目的に脚元は気になるところがあります。
動画は、尻尾を勢いよく振ってますね(笑

 

65. ジュモーの18 (メス) 黒鹿

父:モーリス 母父:タニノギムレット
2018年3月26日生
募集価格:3,400万円 一口(1/400):8.5万円
厩舎:栗東・安田隆

おなじみのジュモー産駒。

この母にモーリスは配合的にも見るべきところがありますね。

馬体も十分なサイズ感で見た目もいい。
体の使い方もよく見えます。

 

66. イストワールの18 (牡) 鹿

父:ルーラーシップ 母父:サンデーサイレンス
2018年1月29日生
募集価格:2,000万円 一口(1/400):5.0万円
厩舎:栗東・松下

この母にルーラーシップの組み合わせはキャロットで3頭目。

母産駒の傾向として仕上がりが早いですし、早生まれで馬体のサイズ感は十分。
全姉の2頭で特にナラトゥリスは気性面が課題になっているように思いますが、牡馬に変わってそのあたりがどうかというところですね。

 

67. ラフォルジュルネの18 (メス) 鹿

父:ルーラーシップ 母父:スペシャルウィーク
2018年2月9日生
募集価格:1,800万円 一口(1/400):4.5万円
厩舎:栗東・松永幹

ルーラーシップにスペシャルウィークはシルクの短距離馬がいますよね(名前忘れた)

母産駒はまだ勝ち星がありませんが、いいサイズ感の馬体に出ていますし、上に感じた脚元の不安を感じない見た目も好感。

まぁでも人気しそうなところですし一般狙いは厳しそうですね。

 

68. ツインクルヴェールの18 (メス)

父:ルーラーシップ 母父:サンデーサイレンス
2018年5月6日生
募集価格:1,800万円 一口(1/400):4.5万円
厩舎:栗東・橋口慎

母父サンデーサイレンスという募集馬も少なくなってきましたね。

こちらも遅生まれであることを考えれば十分なサイズ感のある牝馬。
黒鹿毛と見える馬体ですが、芦毛。いいですね。

母17歳の産駒ですが、全兄に4歳アドマイヤビクターがいます。
兄のようにダートになるかはわかりませんが、動きが硬いということはなさそうです。

 

69. アンレールの18 (牡) 鹿

父:ハービンジャー 母父:ディープインパクト
2018年3月14日生
募集価格:3,200万円 一口(1/400):8.0万円
厩舎:栗東・須貝

馬体の見た目、ハービンジャーっぽくないですね。

小柄なサイズ感ですがまだまだ成長はあると思うので中サイズくらいになってくれればいいですよね。

動きは硬めですが、この配合ですし柔らかすぎるというよりはいいかも。
この配合は注目していますし、どう成長していくか楽しみな1頭です。

 

70. マルティンスタークの18 (牡) 黒鹿

父:ミッキーアイル 母父:シンボリクリスエス
2018年3月31日生
募集価格:2,400万円 一口(1/400):6.0万円
厩舎:栗東・音無

この1次募集期間で一般抽選の可能性が完全になくなった馬(笑

馬体のサイズ感もいいですし、脚元も動きも気になるところはなし。
坂路で鍛える厩舎のイメージと合致するタイプの馬だと思いますし、活躍が期待されますね。

 

71. オリエンタルポピーの18 (メス) 鹿

父:ミッキーアイル 母父:キングカメハメハ
2018年3月25日生
募集価格:1,600万円 一口(1/400):4.0万円
厩舎:栗東・石坂公

母はトールポピーの全妹ですが、やはり背腰にウィークポイントのある馬でしたし、内蔵面にも弱さを持っていて苦しい競走生活でした。

血統的にはBMSキングカメハメハでNureyevクロスのあるミッキーアイル産駒と見るべきところがある配合だと思います。

馬体はやはりこの母系という見た目に、脚元も気になるところがあります。

 

1+

-2019年度募集馬
-

Copyright© さいぱんの一口馬主ブログ , 2019 All Rights Reserved.