さいぱんの一口馬主ブログ

キャロット&東サラで一口馬主やってます

'17 シェドゥーヴル

[シェドゥーヴル] 2歳10月 仕切り直して12月くらいのデビューを視野に入れていきたい

投稿日:2018年10月18日

3+

2歳馬シェドゥーヴル(ヒルダズパッションの16)です。

9月6日に帰厩して、10月東京デビューを目標にしていましたが、
9月19日調教後に右前脚にフレグモーネを発症。
9月26日に天栄放牧。

フレグモーネを発症した右前脚は大事には至ってないですが、デビューは仕切り直しということになりました。

18/10/2 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15~16秒のキャンター調整を取り入れています。
「残念ながらいったん戻ってくることになりましたが、体力がつき切っていない2歳馬なので、環境が変わったことでこれまでの疲れがドッと出てしまい、小さな傷から来る症状にも抵抗できなかったのかもしれません。厩舎でうまく対応してもらったことで大事には至っておらず、数日後には乗り出せていたということでもあったのでこちらでも引き継ぐように乗っていますが、脚元の状態はまだ完全にクリアになっているわけではありません。ごく軽めのメニューで乗っている状況なので、しばらく探りながら動かしていきます」(天栄担当者)
18/10/9 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「まだ完全にスッキリとはしていないものの、体調自体は安定しているので、継続的に乗り進めています。最初はごく軽めのペースで動かしていましたが徐々にペースアップを図っており、現在は日によって14-14くらいまで乗っています。ぶり返す可能性もあるのでまだハッキリとしたことは言いにくいですが、12月くらいのデビューを視野に入れていきたいという気持ちは持っています」(天栄担当者)
18/10/16 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「この中間の状態は良い意味でこれまでと変わりはありません。このまま状態を保ちながら調教本数を重ねて、タイミングを見てトレセンへ送り出せればと考えています」(天栄担当者)
キャロット公式より

9月末に中山でクラブスタッフに話を聞いた時に「一度緩めて仕切り直し」と聞いていたので、まぁ仕切り直しですね。

フレグモーネ発症となった時はなにをしてくれてるんだと思いましたが、時間が経って「環境が変わったことで疲れがドッと出て~」という部分も納得できるかなと。

まだデビューできる段階じゃなかったとこちらの気持ちも切り替えていきます(笑

天栄に戻って2週は右前脚の状態が完全にクリアしていないということでごく軽めからの立ち上げでしたが、順調にペースアップできている様子。

12月くらいのデビューを視野にというコメントがありましたから、中山デビューを目標にしていくのか。
今週は「本数を重ねてタイミングを見てトレセンへ送り出せれば」とのことなので、11月最終週の東京の可能性もゼロではない?

そんな感じなので、仕切り直しの今度こそデビューまでたどり着いてもらいたいなと思います。

3+
コメントを書く
さいぱんの一口馬主は、ブログランキングに参加しています
  • この記事を書いた人
さいぱん

さいぱん

キャロットで一口馬主をやっています(7世代目) 好きな馬はサイレンススズカ。 ・前年最優先当選 ・遅延歴なし シェドゥーヴルはあのYoshidaの弟です!

-'17 シェドゥーヴル

Copyright© さいぱんの一口馬主ブログ , 2018 All Rights Reserved.