さいぱんの一口馬主ブログ

キャロット&東サラで一口馬主やってます。ブログの写真を無断使用するのはやめてくださいね‥

'16 アランブレラ

[アランブレラ] 2歳12月 14秒台持ったまま上がってくることができています

投稿日:2017年12月12日

0

ゲート試験を合格し天栄に放牧に出ているアランブレラ(クルソラの15) です。

12/5  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。

「ゲート試験まででしたが、大柄な体でも弱いところがあり、特にトモあたりがちょっとしんどいかもしれないと聞いていました。そのため、いったん放牧に出してもらえたことは馬にとって良いことでしょう。それでも脚元に異常はなく、乗っていく分には問題ないかなと思えました。もちろん馬体のケアをしっかりと施しながらですが、今朝は坂路に入り15-15前後のキャンターで動かしましたよ」(天栄担当者)

12/12  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。

「馬体のケアをしながら徐々に乗り進めていますが、今のところ悪くないですね。坂路に入る際は14-14くらいを乗っているのですが、持ったまま上がってくることができています。今以上のペースを求められるようになった時にどうなるかは蓋をあけてみないとわかりませんが、今の感触のまま行ければいいなと思っています」(天栄担当者)

キャロット公式より

天栄放牧後もすぐに乗り出して15秒。

この中間は14‐14をこなしているようです。

持ったまま上がってくるというがいいですね。

他馬を含めた天栄のコメントを見てると、
結構求められるものが高い印象なので、
これくらいのコメントなら上々。

この調子で年内進めることができればて年明けあたりに動きが出てきそうです。2歳デビューはなりませんでしたが、

徐々にハマりだしている感もあるので、

これがいい方に繋がってくればと思います。

オルフェーヴル産駒も、

ラッキーライラックが阪神JFで初の産駒もG1勝利となりましたが、

牡馬でまだこれ!という馬も出ていないと思うので、

アランブレラのデビューには期待も集まるのではなかろうかと(笑

そして先週、我慢できずに3度目となる天栄見学に行ってきました(笑

出資してからアランブレラに会うのは初めて。

タイミング悪く、関東に属する3頭中この馬しか会えなかったのですが、

新調したα6000でバシバシ撮ってきました。





書きたいエントリーがたまってるので順次更新予定...(泣

 

0
コメントを書く
さいぱんの一口馬主は、ブログランキングに参加しています
  • この記事を書いた人
さいぱん

さいぱん

キャロットで一口馬主をやっています(7世代目) 好きな馬はサイレンススズカ。 ・前年最優先当選 ・遅延歴なし シェドゥーヴルはあのYoshidaの弟です!

-'16 アランブレラ
-

Copyright© さいぱんの一口馬主ブログ , 2018 All Rights Reserved.