さいぱんの一口馬主ブログ

キャロット&東サラで一口馬主やってます。ブログの写真を無断使用するのはやめてくださいね‥

2017年度募集馬

[出資検討] キャロット出資に備えて出資馬選びの助けになる書籍

投稿日:2017年8月23日

0

出資馬の判断基準は年々アップデートしているつもりですが、

データ、厩舎、馬体、血統と様々ですよね。

データに関しては、

キャロットに入会してからの全募集馬のデータをちょこちょこ入力したExcelを作っていて、

「これ売れるんじゃないか?」というくらいのやつを日々更新しています(笑

今年の募集馬も明日の測尺が入ればひとまずできあがり。

これを眺めてるだけで、かなり楽しかったりします(笑

そして、馬体の見方に関しては色々書籍などを参考に、

自分なりの見方を考え鍛えてます。

なので、まずは毎年のように、こちらで復習。



吉田直哉氏の「馬を観る 当歳から1歳までのサラブレッド種の評価方法」という記事が読み応えがあります。

吉田直哉氏は「エーシン」(栄進堂所有馬)名義の競走馬を多数供給しているアメリカのウィンチェスターファームは、創業者で、社台グループの吉田一族と縁戚にあたる方です。

牧場経営者&獣医師の視点で、当歳馬から1歳馬の評価方法について書かれていますが、

そこに書かれている評価プロセスは、まさに一口馬主として馬を選ぶことに通じます。

 

と、ここまで毎年
のコピペです(笑

今年はさらにもう1冊読んでみました。

馬体の見方の参考になる本を探していたところ、

ブログのコメントにてくれた方におすすめしていただいた本です。

この本を読むと、競馬を長年楽しんできたけど、

あらためて、競走馬とは、いや馬という動物とは...

ということを考えさせられるという感じです。

特に出資検討に参考になるかなというのが、

4章 馬はどのように走っているのか

の項ですね。

馬の走り方について書かれている章ですが、

この章を読んで、競馬でいう【手前を替える】ということに対して今まで漠然とした理解だったんですが、

よーく理解できました(笑
先月のトゥザフロンティアの新馬戦がありましたが、
手前を替えずに(替えられずに?)内に刺さりながらゴールしたシーンとかも理解できる、みたいな。
直線の全力疾走では、後ろ脚、前脚がこう動くから、
募集動画でこういうところに注目しよう、
みたいなことを考えさせられます。

また、競馬ファンならほぼ知ってるだろう「みどりのマキバオー」の作中で出てくる

マスタングスペシャルや側対歩とか、よく考えられているなと思いました(笑

馬見に関してはこんな感じで、

あとタイムリーなところでは先週、今週の週刊ギャロップで、岡田牧雄氏の馬体の見方みたいな特集もありましたね。
こちらもおおいに参考になりそうなので、dマガジンでチェックします(笑
あとは、血統についてはざっくりな知識なので、

この配合はノーザンダンサーの血を薄めているのが好感、

みたいな、それっぽいことを言ってみたいのですが、

なかなか難しいですね(笑

こうやって色々と知識を入れていって、

自分なりに考えて、自分で判断して出資馬を決めていくというプロセスも

一口馬主やっていて面白いところですね。

Amazon.co.jpで詳細を見る


「ROUNDERS」vol.4 特集「馬見 サラブレッドの身体論」


馬はなぜ走るのか―やさしいサラブレッド学
0
コメントを書く
さいぱんの一口馬主は、ブログランキングに参加しています
  • この記事を書いた人
さいぱん

さいぱん

キャロットで一口馬主をやっています(7世代目) 好きな馬はサイレンススズカ。 ・前年最優先当選 ・遅延歴なし シェドゥーヴルはあのYoshidaの弟です!

-2017年度募集馬

Copyright© さいぱんの一口馬主ブログ , 2018 All Rights Reserved.