さいぱんの一口馬主ブログ

キャロット&東サラで一口馬主やってます

レース出走 '15 レヴェンスホール

[レヴェンスホール] 3歳2月 2戦目 休み明け、小回り?

投稿日:2017年2月18日

0

2戦目を迎えましたレヴェンスホールです。

まず注目していたスタートですが、ゲート入りはスムーズでした。

ただ偶数の2番枠なので、残り8頭が入る間にチャカチャカしだし、
ゲートが開く直前に頭を振るような仕草の中でスタート・・。

右に持たれるようにゲートを飛び出すと、
ここで、1番と3番からドン、ドンッと挟まれ当たられという不運もありましたが、
やはり馬自身スタートから進んでいく気がなさそうです。

1コーナーまで500mほど進んだところで、縦長の展開で後方2番手。

向こう正面ではさらに離された集団の中を走り、
先頭が60秒2で1000m通過したところ、
レヴェンス
は63秒と3秒離された位置で通過。

坂井騎手が促し気味に進めていますが、
大きく前進することもなく、ぽつんと離された16番手で直線へ。

坂井騎手のアクションと走りのリズムが合ってないような走りで、
新馬戦で見せたような脚も見られず15着となりました。

2/18  宮本厩舎
18日の小倉競馬ではゆっくりしたスタートから道中は後方待機。直線も脚を使うところはなく15着。
「ゲートの中で立ち上がったりして出遅れてしまい、スタート後は両サイドから挟まれてポジションが悪くなってしまいました。道中ハミを取らないのはデビュー戦も同じようなものでしたが、前回は終いにちゃんと脚を使ってくれましたからね…。今日は全然伸びてくれませんでしたし、もしかすると休み明けの影響もあったのでしょうか。いい結果とならず申し訳ありません」(坂井騎手)
スタートから追走に苦労していましたが、初戦も道中そんな感じで最後は伸びてくれましたからね。休み明けでも仕上がりは良く見えただけに首を捻りたくなるのですが、もしかすると小回りのコース形態が合わないのでしょうか…。このような結果になり本当に申し訳ありませんが、まずはレース後の馬体を確認してから今後を検討していきます」(宮本師)
道中は追走するだけで精一杯という感じで、直線もそのまま見せ場なく終わってしまいました。休み明け、小回りなど敗因はいくつか考えられますが、デビュー戦の内容からもこれがこの馬の力でないことは確かですし、今後の巻き返しに期待したいと思います。
201702
キャロット公式より

前走が終わったときから、この馬の課題は、
スタート、ハミ受け、追走といった部分と思っていましたが、
2戦目を終えてわかったことは、
この4ヶ月弱でなにも進展していなかったということでしょうか(笑

まず前走後は吉澤WESTへ放牧に出されましたが、
やはり吉澤WESTでは、そのあたりのアプローチはなかったと思います。

あと、2戦続けて騎乗してくれた坂井騎手。
スタートから進まない、ハミを取らない難しい面満載のレヴェンス
走らせる技術はまだまだないように思います。

あと、
もしかすると休み明けの影響もあったのでしょうか

とのことですが、直線であの位置では、
休み明けとかもうなにも関係ないと思います(泣

で、宮本調教師・・小回りとかではなくて、
スタートから追走に苦労していましたが、

そこが最重要だと思うのですが、
なんか敗因の分析がズレているような気がします・・。

休み明け、状態、小回りと首をひねる前に、
スタートから追走できてないという点に首を捻ってください・・

違う違う、そうじゃな~いと歌いたくなります。

結局こういう馬の気持ちをレースに向かわせるようにするのは厩舎の仕事でしょう。
普段の調整から自分からハミを取るような調整を行ってもらいたいですし、
馬具の工夫で改善できるならそれも試してもらいたいですね。

まぁ、ここまで書いてみて、
これ全てストライクイーグルで経験済みのことです(笑

うん、厩舎のやり方次第で前進できます。
芝とかダートとか、距離は全く関係ないです。
スタートとハミ受け。
宮本調教師、お願いしますよ。

さいぱんの一口馬主は、ブログランキングに参加しています

0
コメントを書く
さいぱんの一口馬主は、ブログランキングに参加しています
  • この記事を書いた人
さいぱん

さいぱん

キャロットで一口馬主をやっています(7世代目) 好きな馬はサイレンススズカ。 ・前年最優先当選 ・遅延歴なし シェドゥーヴルはあのYoshidaの弟です!

-レース出走, '15 レヴェンスホール
-

Copyright© さいぱんの一口馬主ブログ , 2018 All Rights Reserved.